入院費用を抑える方法②~上限額以上が支給される高額療養費制度~

高額療養費制度とは?

医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度です(入院時の食費負担や差額ベッド代等は含まれません)。

上限額の決まり方】

  • 年収の額
  • 70歳以上であるかどうか
  • 国保か社会保険か

ここでは69歳以下の方を例に紹介します(70歳以上の方は条件等が異なります)。

最低限これを知ってればOK

  • 1ヵ月かかった医療費の内、上限を超えた分を支給してもらえる高額療養費制度というものがある(他の病院の医療費や家族の医療費も条件によっては合算可能!)
  • 申請してから支給されるまでは少なくとも3か月くらいかかる(そんなに待ってられないという方はこちらの制度を⇒入院費用を抑える方法③~限度額適用認定証、高額療養費貸付制度~
  • 入院した病院のソーシャルワーカーに尋ねれば詳しく説明してもらえる
    ⇒ソーシャルワーカーが居ない病院もあるので、入院前に高額療養費制度について相談できるか確認しておくべき
ブロリ
具体的に自分の上限額がいくらぐらいなのか知りたい方は、目次からご自身の年収を選んで飛んで下さい。

 

高額療養費制度の上限

年収:約1,160万円~ の方の上限

健保:標準報酬月額※1 83万円以上
国保:旧ただし書き所得※2 901万円超

ひと月の上限額(世帯ごと):252,600円+(医療費-842,000)×1%

【例】 医療費100万円自己負担30万円

252,600円+(100万円-842,000)×1%=254,180円 ←上限額

30万円-254,180円=45,820円 を支給される

 

年収:約770~1,160万円~ の方の上限

健保:標準報酬月額※1 53万~79万円
国保:旧ただし書き所得※2 600万~901万円

ひと月の上限額(世帯ごと):167,400円+(医療費-558,000)×1%

【例】 医療費100万円自己負担30万円

167,400円+(100万円-558,000)×1%=171,820 ←上限額

30万円-171,820=12,8180円 を支給される

 

年収:約370~770万円 の方の上限

健保:標準報酬月額※1 28万~50万円
国保:旧ただし書き所得※2 210万~600万円

ひと月の上限額(世帯ごと):80,100円+(医療費-267,000)×1%

【例】 医療費100万自己負担30万

80,100円+(100万円-267,000円)×1% = 87,430円 ←上限額

30万円-87,430円 = 212,570円 を支給される

 

年収:~約370万円 の方の上限

健保:標準報酬月額※1 26万円以下
国保:旧ただし書き所得※2 210万円以下

ひと月の上限額(世帯ごと):57,600円

住民税非課税者

ひと月の上限額(世帯ごと):35,400円

 

補足(標準報酬月額、旧ただし書き所得)

※1 標準報酬月額=社会保険算出の基準となる給料のこと。毎年4月、5月、6月の給料を平均した金額がベース。

 

 

※2 旧ただし書き所得=前年の総所得金額と山林所得、株式の配当所得、土地・建物等の譲渡所得金額などの合計から基礎控除(33万円)を除いた額。ただし、雑損失の繰越控除額は控除しない。


 

 

ブロリ
計算するのしんどい!って方は、ソーシャルワーカーさんに相談しましょう!
参考元

厚生労働省ホームぺ―ジ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

ハジコレ はじめてコレクション「標準報酬月額とは何かを知っておくべき!給与所得者への影響は?」
https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp/channel01/cat008/det000376.html

全国土木建築国民健康保険組合ホームページ
http://dokenpo.or.jp/qa/qa_detail.php?id=43

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です