うつになったら休職よりも退職をオススメします

ブロリ
うつになったらまずストレスな環境からエスケープしましょう!
エスケープ★☆☆:休職させて下さい。

エスケープ★★☆:〇か月後に退職させて下さい。

エスケープ★★★:今日からもう行けません。退職させてください(ブロリはこれを実践したよ)。

★☆☆:休職させて下さい。

利点
退職・退学よりは申請しやすい、かつ許可が下りやすい

難点
復帰する前提なので、復帰へのプレッシャーを受け心置きなく休むことができない可能性あり

休職手続きの手順に関してはこちらのサイトを参考に↓

https://sangyoui-navi.jp/blog/58

ブロリ
ダメージ少なく休みに入れるけど、自分が休んで元気になったことで解決することなのかはよく考えて! (職場は1人休職者が出たくらいでは何も改善されません…。)

 

★★☆:〇か月後に退職させて下さい。

これは、まず退職の旨を直属の上司に言うというミッションをクリアしなければいけません(緊張するー!)。

利点

  • 承諾を得ればあとは消化試合
  • 退職してしまえばストレス環境とおさらば!

難点

  • 承諾を得たあと職場に居辛くなる可能性あり
  • 次の職を見つけなければならない
ブロリ
あと数か月やり切れそうな体力・精神力があるかどうかよく考えて!

★★★:今日からもう行けません。退職させてください。

利点
最短でストレス環境とおさらばできる

難点

  • 承諾してもらうのに強い気持ちがいる
  • 次の職を見つけなければいけない
  • 手続きしに行くのがめちゃくちゃ気まずい(別の手段あり↓)

【ブロリのいきなり退職経験】電話で病欠(過度のストレスで初発作)⇒翌日LINEで上司に退職願い⇒引き留められるも上司のパワハラを匂わすとあっさり承諾⇒痙攣を起こし旦那に代理で手続きに行ってもらう(仕事の申し送りを書面で作成)⇒発作を理由に誰も居ない時間に荷物を取りに行く⇒郵送で退職手続き⇒退職

ブロリ
難点が多いですが、その分得られるものは大きいです。
休職しても職場の人間関係や業務体制が変わることはそうそうないので、個人的にはさっさと退職するのが1番自分に優しい決断だと思っています。

躊躇するあなたにもう一押し!

世間体や人からの評価を気にしたり、転職が億劫で現状に妥協したりするのは勿体ない。

人のため(人からの評価のため)に生きるのはやめましょう。

心身ともに余裕をもって、好きな事に取り組めるように、自分第一で生きましょう

自分のために1番行動できるのは自分です。自分のことを1番理解してあげられるのも自分です。

うつになるような環境からは速攻エスケープせよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です