「うつ」にならない習慣 抜け出す習慣【感想、レビュー】行動科学マネジメントで生活を変える

こんばんは!ブロリです!

今日は、「うつ」にならない習慣 抜け出す習慣
という本を読んでの感想・レビューを書きます(‘ω’)

こんな人に読んでほしい!

この本は、軽度のうつもしくはうつ手前の方向けです。

・なんか最近朝起きるのが辛い…
・憂鬱な気分になりがち
・毎日体がだるい
・やる気がでない
などから、「もしかして私“うつ”?」と思う方に読んでいただきたいと思います

タイトルには、うつ予防兼、うつからの脱出方法というようなニュアンスですが、
うつ予防には役立ちそうだなと感じました。

 

どんな人が書いたの?

●小野 一之さん
出版企画プロデューサー、エディター、ライターとして幅広く活躍中。
約20年前に「軽症うつ病」となり、それ以来「うつ」と同居されながら仕事を続けている。
自身の体験をもとに、うつとの向き合い方の書籍を出されている

●石田 淳さん
日本における行動科学マネジメントの一人者。
米国のビジネス界で大きな成果を挙げる行動分析を基にしたマネジメント手法を、
日本人に適したものに独自の手法でアレンジ、「行動科学マネジメント」として確立される。

 

どんな本?

小野さんが、自身の経験をもとにうつにならない生活の工夫を挙げていき、
石田さんが“その工夫をいかに習慣化させるか”といった「行動科学的マネジメント」の考え方から
具体的に解説されています!

 

感想①「それが良いのは知ってるけど、なかなかできないのよ!」

 

小野さんが挙げられていた生活の工夫は、

・早起きをする(もしくは夜型で安定させる)
・日光を浴びる
・運動をする
・栄養バランスの良い食事をとる

など、「それができたら苦労しないわよー(泣)」というものでした(笑)
ただ、ホルモンのことなど、生理学的な解説がもりもりあって説得力は強かったです。

小野さん自身も、私みたいな読者の嘆きは予想済みだったようで、
石田さんに習慣をつけるためのアドバイスを依頼されていました。

 

感想②「え、習慣をつけるのって意志より環境が大事なの!?」

 

行動科学マネジメントに関しては「どこかで聞いたことあったような…なかったような…。」程度だったので、
大変勉強になりました。

行動科学マネジメントは、内面的な要素(意志や考え方)を排除して科学的に考えるものだそうです。

科学的手法のゆえに、行動科学マネジメントは“曖昧さ”を徹底的に排除します。

ー著書、「うつ」にならない習慣 抜け出す習慣より引用

上記にあるように、具体性を出すために「MROS(具体性の法則)」というものがあるそうです。

Measurable(計測できる)
Observable(観察できる)
Reliable(信頼できる)
Specific(明確化されている)

ー著書、「うつ」にならない習慣 抜け出す習慣より引用

私は「毎日勉強をする」という習慣をつけたかったので、これに当てはめて考えました!

「毎日20時~22時まで勉強する」(計測できる)
「旦那の横で勉強する」(観察できる)
「何を勉強したか旦那に話す」(信頼できる)
「開始時間と終了時間にアラームをセットする」(明確化されている)

本に書いてあった例を参考にしたので合ってるはず…。

今までは
・時間を決めていなかった(その日のモチベーションに左右されていた)
・旦那に毎日勉強することと、その内容を聞いてもらうことを宣言、依頼していなかった
・アラームをセットしていなかった

ので、具体性に欠けてたと思います(^^;)

あ、ちなみに私は好きなことを勉強しているので、
これも私なりのうつ予防のための習慣です。

やりたいことができているということが、なによりうつ予防になっていると思っています!

 

まとめ

 

今回は、うつ予防に関して勉強しました!

やっぱり、適度な運動と睡眠、バランスの良い食事は習慣づけるに越したことがないですね~。
それらでホルモンが整い、体調や気分が良くなるというメカニズム…人間っておもしろいです。

「最近、生活習慣が乱れているな」「もっとイキイキ、充実した毎日を送りたいな」という方は、
悪い方向へ進む前にこの本を手に取っていただいて、うつから離れていって欲しいです。

ただ、最初に述べたように「うつから脱出する」という部分に関してはもの足りませんでした。
ストレスを溜めやすい考え方の直し方は、あまり具体的ではなかったからです。

「考え方って変えるの難しいけど、頑張りましょう」ってスタンスでした。

まだ私も模索中ですが、うつから完全に抜け出すのは整った生活習慣だけではなく、
自分との向き合い方のような気がしています。

そもそも、うつになった人には考え方に特徴があると思うのです。

その特徴が何か、なんでそんな特徴が出来上がったのか、
そういう分析をして自分を理解する(自分が自分の良き理解者になる)ことが
うつから脱出する方法なのではないかと今は思っています。

今後も勉強に励み、自分の考え方の整理のためにもアウトプットしていこうと思います!(/・ω・)/おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です