一度離婚した相手と復縁し、今は内縁の夫婦(事実婚)です。

こんばんは!ブロリです!

今日は私たち夫婦の話を書きます。

〜もくじ〜

私たちは、結婚式をする前にスピード離婚をし、

それから8ヶ月後に内縁の夫婦として復縁をしました。

よくある形ではないと思います。

籍は入れておらず、もちろん苗字も旧姓のままです。

形で分かるような夫婦である証明は何もありませんが、

籍を入れていた時よりも、今の方が確実に親密な仲になっています。

私たち夫婦が離婚してから復縁するまで

簡単な経歴

2014年8月 お付き合いスタート

2015年5月 同棲スタート

2017年3月 入籍

2017年9月 別居

2017年11月 離婚

2018年7月 復縁し、再び同居

こんな感じで今に至ります。

スピード離婚からのスピード復縁?になるんですかね(笑)

離婚に至った経緯

私がうつ病になった

主に仕事による過労と、人間関係でのストレスでうつ病になりました。

しかし、うつ病の症状は仕事を辞めてからも悪化していき、最終的に希望入院にまで至りました。

旦那とのコミュニケーション不足

うつ病が悪化したのは、旦那と十分にコミュニケーションがとれていなかったことが原因でした。

●旦那にして欲しいことをハッキリ伝えれていないことが多かった

●私からのお願いを旦那が勘違いしていることに気づいていなかった

こういったことから、徐々に旦那との生活にストレスが溜まってしまっていました。

旦那側の家族と折り合いが悪くなった

最終的に、旦那と旦那の家族と、今後の生活のことで揉めてしまい…

うつ病地獄の真っ最中だった私は、そのストレスに耐えられなくなり離婚を決意しました。

この人(旦那)とはもうやっていけない!

と思ったわけではなくて、

これ以上ストレスかかったら、無意識のうちにベランダから飛び降りてしまうかもしれない…。

と自分の限界を感じたからでした。

とりあえず、一刻も早くストレスから離れないと自分が死んでしまう。

という危機感からの、離婚でした。

つまり、私が希望して一方的に離婚に至ったようなものです(旦那には「どうしても旧姓に戻りたい」と説得しました)。

元々復縁する気はあった

そんな流れで離婚してしまいましたが、

離婚後も旦那は私に添い遂げると決心してくれていたので、

何年か経ってから復縁する道も話はしていました。

私もそんな彼の存在を有り難く感じていましたし、

彼のことは好きなままでした。

ただその時は、私の中で彼の好きな部分よりも変わって欲しいと思う部分が大きかったです(この「変わって欲しい」という気持ちは後に大きく変化します)。

数えきれない程の話し合い

離婚をしてからお互い実家へ帰りましたが、ずっと連絡は取り合っていました。

お互いの生活が気になっていたのもありますが、

私が彼の両親と揉めたまま強引に離婚をしたので、

彼と彼の両親からの不満や質問が止まりませんでした。

自分がしたこととは言え、この期間は本当にきつかった…。

胸が張り裂けそうになる感覚を毎日のように味わっていましたね…。

それに加え、結婚して出産して育児をするという

「幸せの王道」を歩けなかった惨めさ、悔しさも痛いほど味わいました。

離婚後も、彼とも何回もぶつかりました。

話し合いが上手くいかず、私が過呼吸になってしまうことも何回もありました。

復縁を諦めそうになったこともありました。

でも、彼とは話し合いを続けました。

離婚に至った経緯、お互いの本音、お互いの家族の気持ち、復縁のタイミングなどなど。

話し合って揉めてしまっても、後日冷静に振り返ってみると

(私もこう言えばよかったな。このまま連絡を取らないで縁を切るのはきっと後悔する。もう一回話しをしてみよう。)

となったのです。

何回もトライする自分を客観的にみたとき、(ああ、私は本当に彼のことが好きなんだな)と気づきました。

そして、何ヶ月にも渡って少しづつお互い本音を言い、それぞれの価値観をわかり合った上で再び同居をすることになりました。

なぜ籍を入れないのか

それは、

●彼の家族と関係を修復できていない

●彼が長男で1人息子

だということからです。

彼の家族とはまともに話しができていないので、

私がのうのうと再び彼の家族の一員になることはできない状況なのです。

また、彼が婿養子にいくことを許されるポジションでもないのです。

日本に夫婦別姓制度ができたら籍を入れていると思います

つまり、籍を入れたくないというより、片方の苗字にすることができないという状況なのです。

復縁をしてからの生活

籍を入れていた時よりも、今の方がお互いのことを分かり合えていると感じています。

お互い発達障害のグレーゾーンだった!?

発達障害に関する本を参考にした結果から、当てはまる症状が多かったので私が勝手にグレーゾーンと言ってるだけですが…

私は、ADHD(注意欠陥/多動性障害)

旦那は、ASD自閉スペクトラム症

に当てはまる特徴がいくつかありました。

(この内容については、また後日詳しく書きたいと思います。)

離婚前はお互いのその特徴が理解しきれておらず、

生活が上手くいっていませんでした。

今は、そのお互いの特徴を理解し合っているので工夫して関わり合えています。

おかげで復縁してからは、とても良い連携プレーで毎日楽しく過ごせています。

風当たりは自分たちで操作

実際、内縁の夫婦だと言ったら

「そんなの夫婦じゃない」と言われたこともあります。

確かにね。戸籍、制度上はね。

そう思う人も少なくないことは予想できているので、事実婚に否定的そうな人には、内縁の夫婦であることを隠しています。

自分たちが夫婦だと思っていたらそれでいいかなと思っています。

(どちらかが入院した時に、家族と認められないのだけどうにかなって欲しいとこですが…。)

というか、

バチバチに喧嘩して、話し合いしまくって、お互いのことを知り尽くした上で「やっぱお前がいいわ」となったので、もはや相棒です。

でも、喧嘩もしないでもそんな関係になれるのが最高だと思います(笑)

未熟な私たちにはこんなやり方しかありませんでしたが、

こんなやり方でもやり直せて良かったです。

復縁するか悩んでいる方の参考になればと思い、今回の記事を書いてみました。

では、今日はこの辺で!

また、明日です〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です