うつ病地獄から脱出するために読んだ本 10選

こんばんは!ブロリです!

今日は、私がうつ病地獄から脱出するために読んだ本を紹介します。

ほぼ寝たきりの時から、家事や趣味に取り組めるようになるまでに読んだ順番に紹介しているので、そこも参考になればと思います。

うつ病について勉強した本

よくわかるうつ病 診断と治療、周囲の接し方・支え方

出版社:NHK出版

初版:2016年3月25日

価格:1300円+税

主治医から勧められた本です。

イラストもあり大変分かりやすく、ほぼ寝たきりの私でも読みやすい本でした。

 

自分の「うつ」を治した精神科医の方法

著者:宮島 賢也

出版社:河出書房新社

初版:2012年8月10日

価格:1200円+税

薬に頼らず、うつ病を根本的に治すことが必要だと教えてくれた本です。

 

自分のルーツを知るために読んだ本

それでも親子でいなきゃいけないの?

著者:田房 栄子

出版社:秋田書店

初版:2015年10月16日

価格:918円

 

しんどい母から逃げる!

著者:田房 栄子

出版社:秋田書店

初版:2018年3月5日

価格:1080円

 

母が重くてたまらないー墓守り娘の嘆き

著者:信田 さよ子

出版社:春愁社

初版:2008年4月10日

価格:1836円

この3冊を読んで、(あ、親から離れてもいいんだ。)と思えました。

 

毒父家族ー親支配からの旅立ち

著者:井上秀人

出版社:さくら舎

初版:2015年5月11日

価格:1512円

母にも困っていましたが、(どちらかと言えば、うちは毒父が牛耳っている家庭だったな〜)と思い、この本を読みました。

大変共感しましたし、子供の頃の私が父にどんなことを求めていたかがやっと分かりました。

今のところ、毒父がメインの書籍はこの本しか見つけられていません。

 

毒親の正体

著者:水島 広子

出版社:新潮新書

初版:2018年6月6日

価格:720円+税

この本で、自分の親が毒親になったルーツまで考えられるようになりました。

そのおかげで、親に対して怒りや(毒親と思うことに対する)罪悪感が薄れ、(みんなしょうがなかったんだな〜誰のせいとかいう話じゃないな)と思えました。

 

自分を変えるために読んだ本

いつも自分がやらないほうをやってみる

著者:鳥居 ミコ

出版社:サンマーク出版

初版:2018年5月17日

価格:1300円+税

この本は、抑鬱状態から少し抜け出し始めた時に、自分に自信をもちたくて手に取りました。

実践しやすい、日常の小さなことから書いてあり、私も真似をして少しづつ図太くなりました。

 

やさしくわかる認知行動療法

監修者:福井 至、貝谷 久宣

出版社:株式会社ナツメ社

初版:2012年7月26日

価格:1500円+税

この本のワークに取り組み、自分の歪んだ物ごとの考え方を見つめ直しました。

また、毎日の活動記録をつけるようになり、今でも続けられています。

 

敏感すぎて行きづらい人の明日からラクになれる本

著者:長沼 睦雄

出版社:永岡書店

初版:2017年12月10日

価格:1200円+税

私は敏感すぎてストレスを溜めやすい性格だと自覚していたので、再度うつ病地獄へ戻らないために読みました。

これは私の個人的な見解ですが、「敏感」というスキルは無意識に発動するものなので、「(相手の機微たる反応に)気づかないようにする」というのは不可能なのです。

この本で、その敏感センサーで感じ取ったあとの処理の仕方(考え方)について知れたのは大きかったです。

 

まとめ

本からうつ病のことを勉強し、自分の幼少期から現在まで遡って見つめなおした結果…

私はうつ病地獄から生還しました。

抑鬱状態の時に、優しい人(複数人)は

「あなたは何も悪くないよ」

「何も直さないといけないところなんてないよ」

と言ってくれました。

状態が悪い時に

「お前に問題があるだろ」

と言われたらまじで死にそうになるので(実際何人かに言われて自殺を考えるとこまでいっちゃいました)、前者のお声掛けの方が有難いようにも思います。

でも、少し回復してきて(もう二度とあんなしんどい状態になりたくない…)と思うのであれば、自分の性格や特徴を深掘りすることをオススメします。

うつ病を根本的に治すためには、そもそもうつ病になってしまった原因を見つけ、同じことが起きない対策を立て、それを実行すべきだと思います。

 

 

次回は、

私がうつ病になった原因

再びうつ病地獄へ陥らないために気をつけていることを紹介します。

ではまた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です