理学療法士を辞めるか悩んでいるあなたへ〜やりたい事をやりませんか?〜

理学療法士を辞めるか悩んでいる方、辞めたい理由は色々あるかと思います。

 

私は「辞めたい理由」によっては、踏み留まることをオススメしますが…

 

他にやりたい、挑戦したい分野があって、理学療法士として働き続けながらでは踏み出す余裕がないのであれば

 

「辞めちゃえ辞めちゃえ!」と言うと思います。

 

理学療法士を辞めたことを考えると、

⚫︎安定した収入が得られなくなるかもしれないという不安

⚫︎学費を出してくれた親に対して後ろめたさ

⚫︎(もし復職する時に)手に職とはいえ、ブランクが空くのは怖い

とか考えませんか?

 

でも、実際辞めた私に言わせると…

⚫︎安定した収入よりは、自分が本当にしたいことに取り組むことが幸せ(やりたいことやって、最低限の生活ができればいい!)

 

⚫︎親には申し訳ないけど、自分の人生は自分がまず幸せでないと親孝行うんぬんどころじゃない!

 

⚫︎ブランクよりは、やりたい事優先!

もし、理学療法士として復帰する時がきた時は…

 

①やっぱり理学療法士として頑張りたい!(その時1番やりたい事になっている)

②もう理学療法士で働かないと収入足りん!

のどちらかだと思うので、その時はブランクがあろうが頑張れると思います。

 

私自身、こんな考え方で思い切って理学療法士を辞めました。

ただ、理学療法士という職業が嫌いになったわけではないのです。

 

 

現在、私のパートナーは理学療法士として頑張っています。

 

彼がやりたい事はサポートし続けたいと思っています。

勉強熱心な彼の事を尊敬しています。

 

私も理学療法士の分野への興味は尽きていないので、辞めた今でも理学療法士の自分が生きているようにも思えます。

大変有り難いことです。

 

辞めて好きなことをできるようになった上に、理学療法士の分野からも完全に離れてはいないことで、より充実した日々を送れているように思えます。

 

私が今取り組んでいる服飾のことでも、理学療法士の分野から新しいデザインや機能が思いつくことが多々あるのです。

 

とりあえず、今が最高に楽しいです

 

 

 

明日からは、過去編の新章うつ病地獄編」、現在の生活編「気楽な無職ライフ編」を書いていきたいと思います。

 

ではまた明日〜

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です