スーパーに就職を決める前に必ずすべきこと~偵察~


ぎゅうにゅう
スーパーで就職を考えているなら偵察に行くべき日、時間があります!!

 

偵察の必要性

酷い職場(スタッフ)は客でもわかる

お客として行った店で感じたことありませんか?
「うわ、この人絶対職場の人に嫌われてるわ。」
「自分仕事できるって思ってるんやろけど、接客最悪やで。」
「あー、忙しくなると余裕なくなって人に当たるタイプね。」
などなど。

客から見ても感じるスタッフの人間性は、スタッフだけの場でマシなわけがありませんよね。


職場で怒りやすい人が家でめちゃくちゃ穏やかケースってなかなかないでしょう?
(家でだんまり➡職場で発散ケースはあるかもだけど・・・)

 

酷い職場は現場でも悪口大会

酷い職場はね、バックヤードではなく店内や作業場でも悪口大会が開催されます。

ええ、そうです。客にも聞こえるんですよ。
本人たちは客には聞こえてないと思ってるみたいですが・・・。
(というか悪口に夢中で周りのことに注意が払えてない)

すっと死角から観察してみましょう。
敏感な人なら会話を聞かずとも、雰囲気でわかるかも。

 

仲が良い職場は楽しそう

仲が良い職場は談笑している場面がみられると思います。
ここで見抜かないといけないのは、愛想笑いなのか、心から笑っているのか。

マスクなどで表情が見えないときには「話しかけられた方が、話を広げようとしているか」に注目です。

 

偵察すべき日、時間帯

忙しいとき~ピリつく現場~

忙しい日、時間帯
  1. 台風前日、前々日
  2. イベント時(お盆、クリスマス、年末年始、節分)
  3. 土日祝日
  4. 午前中
  5. 12時~14時、夕方

平日でも、4は品出しで忙しく、5はお客さんが多くて忙しいです。

基本忙しいと仲の良さに関係なく会話は少ないです。
でも、忙しい中でも少し会話があるのは仲が良い職場である可能性があります。

ただ、大事なのは会話をしている人同士のテンションが一致しているかです。

 

暇なとき~悪口大会が勃発~

暇なとき、かつ嫌われている人が居ないときは悪口大会が勃発します・・・。
なので、忙しいときではない時間にも行ってみましょう。

 

私の失敗談

  • 偵察を1度しかしなかった
  • たまたまその日は嫌われている人がいなかった
  • 愚痴以外の話題で盛り上がっていた

➡「人間関係が良さそうな職場」に見えた。
➡実際は、一部の人の仲が悪く愚痴が絶えない職場であった。新人殺しの先輩が居た。
➡入ってから人間関係で苦労した

でも今は上手くかわせるようになったので、
今まで勤めた職場の中では1番ストレスは少ないです(^^)

 

まとめ

人間関係が良くない職場は、客の前でもその場面が確認できちゃいます。
申し込む前に「忙しいとき」「暇なとき」どちらも何度も偵察に行くことをオススメします!