なーんにもしたくないってときってありません?

タイトルそのまま。
「なーんにもしたくないときってありません?」

わたしは時々あります。
頻度までは数えてないけど。

もー、どうしようもなくやる気がでない。
「やる気は動き出せば出てくるもの」ってよく聞きません?
そーは言っても最初のエンジンがかからんのだよと。

だれかが「(最初の)やる気を出すためのやる気はどうやってでてくるんですか?」って言ってたな。
ほんとそれだよ。何ボタン押せばいいんだよ。と、頭の中ではマリオカートのスタートライン。

やる気を出すためのやる気すら出ないときって、もう完全にガス欠なんじゃねと思うね。
それ以上頑張りすぎないように、脳がシカトかましちゃってるんだわ。

なのでわたしは、ひたすらやる気ない自分をやる気なく見守る。
「あーやる気ないなー」「いま、やる気ないねー」「うん、やっぱりやる気ないわー」「こちらではやる気は見当たりません。川に流されてしまったのではないかと思われます。現場からは以上です。」と、あまりのガス欠から大した表現も出てきません。

そしたらじっとしてるのに飽きてくるね。
まずトイレに行く。ついでに喉が渇いてたんでコップに水を入れる。
んで水をがぼがぼ飲む。

次に甘いものが欲しくなって、キッチンにチョコを取りに行く。
チョコを食べたらお口の中がうっすらチョコ味のままで気持ち悪いので、水を飲む。
んでまたトイレに行く。

んでお腹が減って「しゃーないな」と重い腰を上げて、お昼ごはんを温めて食べる。

ほんで「ブロガーになったつもりで今の気持ちをブログに書こう」と思って今に至る。

あ、動き出したらやる気出ちゃったね。
くそー、こんなはずじゃ。